コンテンツ
ホームニ戻る
札幌支部概要
活動報告
グラウンド使用状況
各種申請書式
リンク
お問い合わせ
北海道ラグビーフットボール協会
日本ラグビーフットボール協会
関東ラグビーフットボール協会
 2019年ラグビーワールドカップが初めて日本で開催されます。札幌も開催地のひとつに選ばれており、ラグビーワールドカップを成功に導くことが日本ラグビー会の最重要課題となっています。
 そこで、札幌支部がまず取り組むことはラグビーの認知度を上げ、ラグビーファミリー(競技者・ファンを含めたラグビー愛好家)を増やすことです。
 そのために北海道で行われるラグビーの活動(試合・イベントなど)をアピールして、より多くの人々にグラウンドへ足を運んでもらえるようにします。
 また、学習指導要領に例示されたタグラグビーを体育に取り入れてもらうために小学校にはたらきかけ、ラグビーに関わったことの無い子供たちにその楽しさを知って興味を持ってもらいたいと思います。
前のページに戻る ページのトップに戻る
 札幌支部はラグビーの試合・イベントを芝生のグラウンドで実施できるように月寒グラウンド・野幌総合運動公園グラウンド・千歳青葉公園グラウンド・定山渓グラウンドを有効利用できるように調整してきました。
 しかし、近年芝生のダメージが大きく、使用を断念せざるを得ないグラウンドが出てきており、グラウンドの芝生再生という課題が出てきています。そのため、グラウンドを管理している団体とも連携をとりながらグラウンドの使用状況を把握して各チームに情報を提供していきたいと思います。
 さらに、グラウンドを使用しながら芝生のダメージを回復させる方法を探り出し、各管理団体へ情報を提供していきたいと思います。

前のページに戻る ページのトップに戻る
 グビー人口を含む日本のスポーツ人口の減少はスポーツ界にとって近々の課題となっています。その課題解決のために「総合型地域スポーツクラブ」という地域に密着した形態のスポーツクラブ設立・運営が文部科学省の事業として進められ、全国に広がっています。
 札幌支部の中には3つの「総合型地域スポーツクラブ」があります。これらのクラブを軸として、多くのクラブが地域と密着したラグビー普及活動を進めていくための情報提供を進めていきたいと思います。そして、クラブを通したネットワーク作りを進めていき、クラブの活動を活発にする中でラグビーの普及を進めていきたいと思います。

前のページに戻る ページのトップに戻る
 2016年のリオデジャネイロ五輪から男女の7人制が正式種目となったことから、通年で女子選手の育成及び強化を目的にサッポロラグビーアカデミーが受け皿となり活動を開始しています。高校生から社会人まで札幌支部以外の地域からの参加もあり、道内の女子ラグビーの発展に貢献していきたいと思います。
前のページに戻る ページのトップに戻る
 セブンズはオリンピックの正式種目となり、テレビ等で取り上げられる機会も増え、これから需要が増えてくると思います。そのため、セブンズの専門的なスキルの講習会を開催し強化を図っていくと共に、指導者の育成にも力を入れていきたいと思います。そして、札幌から2020年東京オリンピックに出場する選手を育てていきたいと思います。
 女子ラグビーはサッポロラグビーアカデミーにおいて活動する場の提供を続け、女子担当理事を中心としてより活動を活性化し、ラガール(女子選手)の活躍する場を作り出していきます。
 オーバー35も大会を継続していくことによって年輩ラガーマンの活躍の場を作り出し、いつまでもラグビーが続けられる環境を構築していきます。

前のページに戻る ページのトップに戻る
前のページに戻る ページのトップに戻る
北海道ラグビーフットボール協会札幌支部 北海道ラグビーフットボール協会札幌支部事務局:〒060-0010 札幌市中央区北10条西24丁目AKKビル
Copyright ?Hokkaido Rugby Football Union Sapporo Branch All rights reserved.